朝日生命のサステナビリティ経営

サステナブルな社会の実現に向けた朝日生命のサステナビリティ経営

私たちは経営の基本理念「まごころの奉仕」のもと、各ステークホルダーに対する責任を果たし、生命保険事業を通じてサステナブル(持続可能)な社会の実現に貢献してまいります。

生命保険事業を通じた健康・長寿社会への貢献

社会保障制度とともに日本の社会を支えていく重要な使命を担う私たち生命保険会社は、お客様一人ひとりに心からご満足いただけるよう、お客様の視点・立場に立って行動し、お客様のご意向を踏まえた商品やサービスの充実を図っています。 常にお客様の視点で考えて行動し、お客様に信頼され、選ばれ続ける会社を目指してまいります。

環境への取組み~脱炭素社会への取組み

当社では、環境に配慮した経営姿勢を明確にするため、2010年に「朝日生命環境方針」を定めました。脱炭素社会への貢献を図っていくなかで、地球環境保護への取組みが経営の重要課題であると認識し、朝日生命エコプロジェクトを通じて環境問題に取り組んでいます。また、機関投資家として責任ある投資を通じ、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

朝日生命の人財づくり

「経営に時間の概念をしっかり取り入れ、真に価値を生み出す業務に注力する。」「多様な従業員がイキイキと働き、一人ひとりが力を最大限発揮できる職場をつくる。」「従業員が公私とも充実した人生を送り、生産性を向上させ、従業員も会社も成長する。」を目指す姿と設定し、「イキイキと働く。そして成長する。」のスローガンの下、「働き方改革」に取り組んでいます。

サステナビリティレポート(ダイジェスト版)

当社のサステナビリティに関する取組内容の開示を進めるため、2020年度よりCSR報告書に代わりサステナビリティレポートを発行しています。