日本ユネスコ協会連盟への支援

国際平和と人類共通の福祉の実現を目指す公益社団法人日本ユネスコ協会連盟の活動に対し、当社は1963年から維持会員として支援を続けています。また、2019年6月より、同連盟の会長に、当社の特別顧問 佐藤 美樹が就任しています。

朝日生命ユネスコクラブを通じたボランティア活動

 国内で活動する各地のユネスコ協会・クラブの中で唯一の企業内クラブである朝日生命ユネスコクラブでは、発展途上国の子どもたちの教育支援を続けています。例年、チャリティバザーやチャリティコンサートの開催等を実施しています。2020年度は、会員による寄付支援、書きそんじハガキ・キャンペーンを実施しました。
チャリティバザー
(2019年実施時)
本社エントランスでのチャリティコンサート
(2019年実施時)

「やさしさプラス」による「世界寺子屋運動」への寄付支援

 世界中の女性や子どもの輝く未来のために、女性向け生命保険「やさしさプラス」にご加入いただいたお客様数に応じて「世界寺子屋運動」に毎年寄付支援をしています。 「寺子屋」では識字教育や技術(職業)訓練が行われており、途上国の女性たちの自立や、地域の活性化に貢献しています。 読み書きを学ぶことは、女性の自立を支え、女性が自分らしく生きるために必要な力となります。「やさしさプラス」を通じて、女性の輝く未来のために取り組んでいます。
職業訓練を受ける女性たち
(カンボジア)
授業中の子どもたち
(カンボジア)

アサヒフォトコンテスト等を通じた「世界遺産保護」の取組み

 毎年、多くのお客様からご応募をいただき開催しているアサヒフォトコンテストに、「世界遺産特別賞」を設け、応募点数に応じて「世界遺産活動」に寄付を行っています。当取組みを通じて、人類の財産である世界遺産の保護に貢献しています。
2020年度入賞作品(安芸の宮島)
 当社はこうした活動を通じ、日本ユネスコ協会連盟が行っている国際支援活動(「世界寺子屋運動」「世界遺産活動」等)や、地域支援活動(「震災復興事業」「未来遺産運動」等)の促進に寄与し、生命保険事業以外においてもSDGs達成に向けた活動を支援することで、持続可能な社会の実現へ貢献してまいります。