利益相反管理方針

朝日生命保険相互会社(以下「当社」といいます。)は、当社または当社のグループ会社(以下、総称して「当グループ」といいます。)では、次のとおり利益相反管理方針を定め、役職員がこれを遵守することにより、お客様の利益を不当に害することのないよう適正に業務を遂行致します。当社は、法令等に従い、当社の利益相反管理方針をここに公表いたします。

1. 利益相反について

「利益相反」とは、当グループとお客様の間、または当グループのお客様相互間において利益が相反する状況をいいます。

2. 利益相反のおそれがある取引の類型・特定方法について

  1. 当グループでは、当グループまたは他のお客様の利益を不当に優先させることにより、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引をあらかじめ類型化・特定して、これを管理対象取引として管理いたします。
  2. 当グループでは、管理対象取引の類型を以下のとおりといたします。
    1. 当グループの利益を不当に優先させることにより、お客様の利益を不当に害するおそれのある場合
    2. 他のお客様の利益を不当に優先させることにより、お客様の利益を不当に害するおそれのある場合
    3. お客様の取引情報を当グループが不当に利用して利益を得るおそれのある場合
    4. 上記以外に利益相反によりお客様の利益が不当に害されるおそれのある場合
  3. 当グループでは、(2)の取引の類型に基づき、会社の業務の内容や規模、特性等の個別具体的な事情に応じて、管理対象取引を特定いたします。

3. 利益相反管理の方法及び管理態勢について

適正な利益相反管理の遂行のため、当社は利益相反管理統括者を設置し、管理対象取引の特定および管理を一元的に行います。管理対象取引の管理方法として、次に掲げる方法その他の措置を適宜選択し、または組み合わせて講じることにより、利益相反管理を行います。また、これらの管理を適切に行うため、研修・教育を実施し、当グループ内において周知・徹底いたします。
  1. 情報隔壁の設置による情報の遮断
  2. 取引条件または方法の変更
  3. 一方の取引の中止
  4. お客様への利益相反の開示とお客様の同意

4.利益相反管理の対象となる会社の範囲について

当社および以下に掲げる当社グループ会社を利益相反管理の対象とします。
  • 朝日ライフアセットマネジメント株式会社
  • 朝日エヌベスト投資顧問株式会社
  • 朝日生命カードサービス株式会社
  • 株式会社F.L.P
以上