朝日生命のサステナビリティ経営、SDGsへの貢献

朝日生命のサステナビリティ経営

 当社は、事業活動そのものが企業としての社会的責任を果たすための根底をなす重要な活動であるとの考えのもと、「まごころの奉仕」を経営の基本理念として掲げています。
 その理念のもと、各ステークホルダーに対しては、「お客様満足の向上を最優先とした経営の実践」「ゆたかな社会づくりにかかわり続けることによる社会との共生」「人が育つ職場づくり、働きやすい職場づくりを通じた従業員満足の向上」を基軸(重要項目)とした、サステナビリティ経営を推進しています。
 こうしたサステナビリティ経営の実践を通じて、本業である「生命保険事業」および「資産運用」の両面において、サステナブル(持続可能)な社会の実現に貢献してまいります。

朝日生命のサステナビリティ経営とSDGsとの関わり

 2015年9月に国連サミットで「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、国際社会全体の開発目標として、2030年を期限とする包括的な17の目標と169のターゲットが掲げられました。その目標は当社が2030年に目指す姿であり、中期経営計画「Advance~The road to 2030~」で掲げた計画への取組みを通じて、SDGs達成への貢献を行っています。