現代の医療に合わせて必要な保障を必要な分だけ確保しませんか?
日帰り入院から保障、退院後の通院もカバー、がん・6大疾病にも手厚い保障
130年余りお客様に選ばれ続けています ※2018年3月に創業130
周年を迎えました。
現代の医療に合わせて必要な保障を必要な分だけ確保しませんか?スマイルメディカルNextα。日帰り入院から保障、退院後の通院もカバー、がん・6大疾病にも手厚い保障。130年余りお客様に選ばれ続けています。 ※2018年3月に創業130
周年を迎えました。
保険料例 保険料例

保障内容:入院給付金日額 3,000円・入院Ⅱ型・手術あり型/保険料払込免除特則 非適用/医療費充当給付金(入院一時金) 3万円/
先進医療特約 付加/通院一時金特約 3万円
※インターネットでお申込みの場合、保険料払込免除特則は適用できません。

保険期間・保険料払込期間:終身 保険料払込方法:クレジットカード扱(月払)・口座振替扱(月払)

男性
契約年齢保険料
30歳1,529
40歳2,102
50歳2,972
60歳4,493
女性
契約年齢保険料
30歳1,682
40歳1,859
50歳2,417
60歳3,461

日帰り入院からまとまった一時金 日帰り入院からまとまった一時金

入院は短期化傾向。でも、自己負担費用が高額になることも 入院は短期化傾向。でも、自己負担費用が高額になることも

入院日数は短期化傾向で、平均在院日数は16.2日です。
一方で、入院時の自己負担費用は高額になることがあります。

平均在院日数は短期化傾向

約3人に2人は2週間以内に退院

入院時自己負担費用(1~2週間の入院)

※治療費、食事代、差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品などを含み、高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額

※(公財)生命保険文化センター「平成28年度生活保障に関する調査」より朝日生命で試算

短期入院でもまとまった一時金が受け取れる保険が役に立ちます! 短期入院でもまとまった一時金が受け取れる保険が役に立ちます!


※インターネットでお申込みの場合、医療費充当給付金(入院一時金)の加入限度額は10万円です。

退院後の通院治療も保障 退院後の通院治療も保障

通院治療が増加しています 通院治療が増加しています

退院後に通院する患者数は増加傾向にあり、
約8割の方が退院後に通院しています。

退院後に通院する患者数の推移

退院後に通院する割合

通院日数に関わらずまとまった一時金が受け取れる保険が役に立ちます! 通院日数に関わらずまとまった一時金が受け取れる保険が役に立ちます!

退院後180日以内に通院で一時金給付 退院後180日以内に通院で一時金給付

がん・6大疾病にはさらなる手厚いサポート がん・6大疾病にはさらなる手厚いサポート

がん・6大疾病の入院は長期化のリスクがあります。また、がんは通院治療も年々増加しています。

生活習慣病の平均在院日数

悪性新生物による入院患者数と外来患者数の推移

朝日生命のスマイル~

7大疾病初回一時金オプション

がん・6大疾病で最大500万円のあらゆる治療に活用できる一時金

保険料払込免除特則オプション

がん・6大疾病で所定の状態のとき、以後の保険料の払込み不要 がん・6大疾病で所定の状態のとき、以後の保険料の払込み不要

7大疾病初回一時金・保険料払込免除特則の
対象となる所定の状態

がん
  • ●「悪性新生物」と診断確定
  • ●「上皮内新生物」と診断確定
※上皮内新生物は、保険料払込免除の対象外です。
急性心筋梗塞
拡張型心筋症
  • ●急性心筋梗塞の治療のため入院または手術
  • ●拡張型心筋症の治療のため入院または手術
脳卒中
脳動脈瘤
  • ●脳卒中の治療のため入院または手術
  • ●脳動脈瘤が破裂したと診断
  • ●脳動脈瘤の治療のための手術
慢性腎不全

慢性腎不全を発病し、

  • 永続的な人工透析療法を開始
  • 腎移植手術
肝硬変

肝硬変を発病し、

  • 食道・胃静脈瘤が破裂したと診断
  • 食道・胃静脈瘤の治療のため手術
  • 肝移植手術
糖尿病

糖尿病を発病し、

  • 糖尿病性網膜症の治療のため手術
  • 糖尿病性の治療のため切断術
高血圧性疾患

高血圧性疾患を発病し、

  • 大動脈瘤・解離性大動脈瘤が破裂したと診断
  • 大動脈瘤・解離性大動脈瘤の治療のための手術

がん治療給付金オプション

治療を受けた月ごとに保障するので、安心して治療に専念できます。 治療を受けた月ごとに保障するので、安心して治療に専念できます。

ご希望に合わせて選べるオプション ご希望に合わせて選べるオプション

プラン例(入院給付金日額5,000円 入院一時金15万円 先進医療特約付加 通院一時金 3万円)

入院給付金(入院Ⅱ型)
入院日額の支払い~
入院給付金(入院Ⅱ型)
入院日額の支払い~
入院給付金(入院Ⅱ型)
入院日額の支払い~
入院給付金(入院Ⅱ型)
入院日額の支払い~
入院給付金(入院Ⅱ型)
入院日額の支払い~

プラス保障をさらに充実! プラス保障をさらに充実!

オプション

入院給付金(入院Ⅱ型)
入院日額の支払い~
入院給付金(入院Ⅱ型)
入院日額の支払い~
入院給付金(入院Ⅱ型)
入院日額の支払い~
入院給付金(入院Ⅱ型)
入院日額の支払い~

<無配当新医療保険(返戻金なし型)(2017)S>

  • ※入院給付金のお支払いは通算して1,000日分を限度とし、1回の入院についてのお支払いは60日分を限度とします。ただし、がんの治療を直接の目的とする入院給付金のお支払いについては1回の入院および通算の支払限度はありません。また、がんの治療を直接の目的とする入院は、支払限度日数を算出する際の入院日数には含めません。
  • ※同一の原因により、入院給付金が支払われる入院を2回以上したときは、入院給付金が支払われる最終の入院の退院日の翌日から、その日を含めて次の入院の開始日までの期間が、180日以下の場合には、1回の入院とみなし、181日以上の場合には、新たな入院とみなして取り扱います。
  • ※医療費充当給付金の金額は、入院給付金日額に所定の給付倍率を乗じたものとなります。なお、所定の給付倍率が「0倍」の場合、医療費充当給付金はありません。
  • ※医療費充当給付金のお支払いは、1回の入院について1回限りとし、通算して50回を限度とします。
  • ※手術給付金は、公的医療保険制度での手術が支払対象となります。(軽微なものは除きます。)
  • ※手術給付金・放射線治療給付金のお支払いには所定の要件があります。詳しくは「ご契約のしおり‐約款」をご覧ください。
  • ※手術給付金・放射線治療給付金の金額は、入院給付金日額に所定の給付倍率を乗じたものとなります。なお、「手術なし型」の場合、手術給付金・放射線治療給付金はありません。
  • ※被保険者が同時期に手術給付金の支払対象となる手術を2つ以上受けたときは、最も給付金額の高いいずれか1つについてのみ給付金をお支払いします。
  • ※放射線治療給付金のお支払いは、60日の間に1回の給付を限度とするなどの所定の要件があります。詳しくは「ご契約のしおり-約款」をご覧ください。
  • <無配当女性入院特約(返戻金なし型)(2017)S>
  • ※女性入院給付金は、所定の女性特定疾病を直接の目的とする入院をしたときにお支払いします。詳しくは「ご契約のしおり‐約款」をご覧ください。

<無配当先進医療特約(返戻金なし型)S>

  • ※支払対象となる先進医療とは、療養を受けた時点において、厚生労働大臣が定める先進医療として行われるもの(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所にて行われるものに限る)をいいます。ただし、厚生労働大臣が定める施設基準において、歯科(歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、小児歯科)のみで実施することが定められている先進医療は支払対象外となります。
  • ※1回の療養につき、厚生労働大臣が定める先進医療の技術にかかる費用と同額(被保険者の負担額として、病院または診療所によって定められた金額)をお支払いします。
  • ※同一の先進医療による療養を複数回にわたって一連の療養として受けたとき、その療養を1回の療養とみなします。この場合、一連の療養を最初に受けた日にその療養を受けたものとみなして取り扱います。
  • ※先進医療給付金の支払いは、1回の療養については450万円を限度とし、通算して2,000万円を限度とします。

<無配当通院一時金特約(返戻金なし型)S>

  • ※主契約の入院給付金が支払われる入院日と同日の通院については、通院一時金をお支払いしません。
  • ※同日に複数の通院一時金の支払事由に該当する通院をしたときは、通院原因が先に生じた通院に対してのみ通院一時金を支払います。
  • ※通院一時金のお支払いは、1回の入院に対する通院に対して1回、通算して50回を限度とします。

<無配当7大疾病初回一時金特約(返戻金なし型)S>

  • ※7大疾病初回一時金は所定の7大疾病により、所定の状態・手術を受けたときや急性心筋梗塞・拡張型心筋症・脳卒中で1日以上の入院をしたとき等にお支払いします。詳しくは「ご契約のしおり-約款」をご覧ください。
  • ※7大疾病初回一時金の支払いは1回限りです。

<無配当がん治療特約(返戻金なし型)S>

  • ※がん治療給付金の支払事由に該当する治療を、同じ月に複数回または複数月分受けた場合でも、その治療のうち、最も高い給付倍率が適用される治療に基づき算出される金額を上限として、がん治療給付金をお支払いします。
  • ※がん治療給付金の支払対象となる手術・放射線治療には所定の要件があります。
  • ※がん治療給付金の支払事由に該当する手術が、一連の治療過程に連続して受けた場合でも手術料が1回のみ算定される手術のときは、最初の手術日のみを支払対象となる手術日とします。
  • ※がん治療給付金の支払事由に該当する放射線治療が、一連の治療過程に連続して受けた場合でも放射線治療料が1回のみ算定される放射線治療のときは、放射線治療開始日のみを支払対象となる放射線治療日とします。
  • ※がん治療給付金の支払対象となる抗がん剤治療は、世界保健機関(WHO)の解剖治療化学分類法による医薬品分類のうち、「抗悪性腫瘍薬」「内分泌療法(ホルモン療法)」などに該当し、公的医療保険制度の対象となるがんの治療を目的とした所定の抗がん剤(ホルモン剤を含む)の投与または処方をいいます。

<その他>

  • ※日帰り入院(0泊1日)とは、入院日と退院日が同一の日であり、かつ、入院基本料の支払いがある場合などをいいます。
  • ※法令改正等による公的医療保険制度等の改正や医療技術または医療環境の変化が、支払事由に影響を及ぼす場合には、朝日生命は主務官庁の認可を得て、将来に向かって支払事由を変更することがあります。
  • ※「保険料払込免除特則」「7大疾病初回一時金特約(返戻金なし型)S」「がん治療特約(返戻金なし型)S」のがんを原因とする保障の責任開始の時は、主契約の責任開始の日からその日を含めて90日を経過した日の翌日となります。がんを原因とする保障の責任開始の時より前にがんと診断確定されていた場合には、「保険料払込免除特則」「7大疾病初回一時金特約(返戻金なし型)S」「がん治療特約(返戻金なし型)S」は無効となり、給付金等はお支払いしません。また、保険料の払込みも免除とはなりません。

お申込みにあたっては「商品パンフレット」「ご契約のしおり(抜粋版)/契約概要/注意喚起情報」「ご契約のしおり‐約款」を必ずご確認ください。

朝日生命について

長きにわたり多くのお客様からのあたたかい愛情・ご支援のもと、
わが国の成長・発展とともに歩んできました。

1888
帝国生命として創業
1902
利益配当付保険を発売
1947
朝日生命保険相互会社創立
1978
「全国総合オンラインシステム」完成
1987
全国営業店舗オンラインの開通
1997
イメージキャラクターとして菅野美穂さんを起用
 
2006
女性の活躍推進に向けた取り組み
「朝日生命ポジティブ・アクション」を策定
 
2010
「均等・両立推進企業表彰」厚生労働大臣優良賞を受賞
 
2013
「あんしん介護」が「2013年度 グッドデザイン賞」を受賞
 
2015
契約概要(設計書)が「UCDAアワード2015」にて
「特別賞」を受賞
 
2016
生保初 厚生労働省「安全衛生優良企業公表制度」の認定を取得
 
2018
「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018」入賞

朝日生命はこれからも生命保険事業を通じて社会に貢献し、お客様から信頼され、選ばれ続ける会社を目指してまいります。

ご契約まで(資料請求からお申込みの場合)
  • 1.資料のご請求 1.資料のご請求

    ご希望の商品の資料をご請求ください。

  • 2.資料のお受け取り 2.資料のお受け取り

    ご請求いただいた資料を送付いたします。
    通常、資料到着まで3~5営業日ほどかかります。

  • 3.お申込み 3.お申込み

    お送りした資料の内容を十分ご確認いただき、意向確認書・告知書・契約申込書などをご記入後、専用封筒にてご返送ください。

  • 4.保険証券送付 4.保険証券送付

    お申込み内容にもとづいて審査を行い、お引き受けが確定したら、「保険証券」を送付いたします。

ご契約まで
(インターネットでお申込みの場合)
  • 1.インターネットでお申込み 1.インターネットでお申込み

    ウェブサイトからお申込みください。

  • 2.お申込み内容 などの審査 2.お申込み内容 などの審査

    お申込み内容にもとづいて審査いたします。

  • 3.ご契約の成立 3.ご契約の成立

    お引き受けが確定したら、「保険証券」を送付いたします。

申込み手続きは30分程度で完了します。メンテナンス時間にご注意のうえ、お手続きください。
申込み手続きは30分程度で完了します。メンテナンス時間にご注意のうえ、お手続きください。

インターネット申込みにあたっての留意事項

  • ● 必ずお客様ご自身が操作してください。
    お客様とは契約者(=被保険者(保障の対象となる方))のことです。
  • ● 保険料のお支払方法は「クレジットカード扱」のみとなります。
    お客様ご本人名義のクレジットカードをご用意ください。
  • ● ご本人様確認のため、メールアドレスをご登録いただきます。
  • ● 今現在、日本国内に居住中で申込画面や約款の内容を正しく理解できる必要があります。
    また、外国籍の方の場合、継続して日本に居住しておりかつ永住予定である必要があります。
  • ● 重要な事項を掲載しているため、内容のご確認ができる画面サイズでご覧ください。
  • ● インターネットでお申込みいただけるプランは「保険料シミュレーション」を選択した後のページ以降で展開しているプランのみとなります。