*生命保険商品単体での受賞は初。公益財団法人日本デザイン振興会確認による。

あんしん介護シリーズの5つの特長

  • 特長
    1
    お支払いは公的介護保険制度に完全連動!※1
  • 特長
    2
    「要介護1」以上に認定でその後の保険料はいただきません!※2
  • 特長
    3
    「年金タイプ」「一時金タイプ」でダブルの保障!
  • 特長
    4
    一生涯の保障をご準備できます!
    *保険期間が終身タイプの場合
  • 特長
    5
    負担の大きい認知症を手厚く保障※3

※1 公的介護保険制度に完全連動するのは、「介護終身年金保険(返戻金なし型)(2012)」、「介護一時金保険(返戻金なし型)(2012)」です。

※2 要介護1以上の認定で保険料の払込が不要となるのは、「介護終身年金保険(返戻金なし型)(2012)」、「介護一時金保険(返戻金なし型)(2012)」、「認知症介護終身年金保険(返戻金なし型)」、「認知症介護一時金保険(返戻金なし型)」です。

※3 認知症に特化してサポートするのは、「認知症介護終身年金保険(返戻金なし型)」、「認知症介護一時金保険(返戻金なし型)」です。

要介護状態認知症になったときの経済的負担を考えてみましょう

継続的な出費家計にダメージを与えていきます。


公的介護保険制度は、1割の自己負担だけで介護サービスを受けられる制度ですが、その負担は要介護度によっても異なり、長期にわたることもあります。

※厚生労働省「介護給付費実態調査月報」(平成23年審査分)より当社で試算

※年間サービス利用限度額を超えた分は、全額自己負担になります。


平均介護期間は4年11か月*。1割の負担でも積み重なると大きな負担となります。

*生命保険文化センター「平成27年度 生命保険に関する全国実態調査」

あんしん介護なら公的介護保険制度に連動して一生涯年金をお支払いします。

※介護年金は要介護度により変動します。

※「要介護1」以上の状態に該当しなくなった場合には、以後の介護年金の支払いを中断しますが、再度支払事由に該当したときは支払いを再開します。

まとまった出費が必要になることがあります。

住宅リフォーム費用介護施設への入居費用など一度に大きな費用が必要となる場合があります。


住宅リフォーム費用 約300万円

多発性脳梗塞により右半身上下肢および左半身下肢が麻痺し、車いすが必要になった方のケース。
リフォーム場所:浴室・洗面所・トイレ・庭 等

※「公益財団法人テクノエイド協会」ホームページより当社で試算

民間介護施設の入居一時金 最多価格帯は1,000万円台

※平成22年12月内閣府消費者委員会「有料老人ホームの契約に関する実態調査報告」


必要となる費用はこんなに多額になることもあります。

あんしん介護なら まとまった一時金で、多額の出費をサポートします。

認知症はその他の介護より負担が大きいことも。


認知症の場合、体は健康という方も多く、一人にしておくのは心配な場合も。
介護サービスを受ける時間が長くなると、公的介護保険制度の利用限度額を超え、経済的負担がさらに大きくなるかもしれません。

※「在宅介護にかかる総費用・時間の実態(公益社団法人家計経済研究所)」
「平成24~25年度認知症者の生活実態調査結果(厚生労働省)」
「平成25年度 介護保険事業状況報告(厚生労働省)」のデータに基づく当社推計

認知症の介護費用は、その他の介護の2倍以上

あんしん介護なら まとまった一時金で、多額の出費をサポートします。

「年金タイプ」と「一時金タイプ」からお選びいただけます。

両方お選びいただくこともできます。

保険料例

[保険期間・保険料払込期間:終身(終身払) 月払口座・クレジットカード料率]

  • 5年ごと利差配当付介護終身年金保険(返戻金なし型)(2012)
    ・・・基準介護年金額 60万円
  • 5年ごと利差配当付介護一時金保険(返戻金なし型)(2012)
    ・・・300万円
  • 5年ごと利差配当付認知症介護終身年金保険(返戻金なし型)
    ・・・年金額 60万円
  • 5年ごと利差配当付認知症介護一時金保険(返戻金なし型)
    ・・・300万円


男  性
  介護終身年金
保険
介護一時金
保険
合計保険料 認知症介護
終身年金保険
認知症介護
一時金保険
40歳 3,666円 1,797円 5,463円 2,748円 1,293円
45歳 4,170円 2,184円 6,354円 3,234円 1,596円
50歳 4,920円 2,721円 7,641円 3,918円 2,010円
55歳 6,054円 3,498円 9,552円 4,914円 2,604円
60歳 7,770円 4,650円 12,420円 6,342円 3,465円
65歳 10,596円 6,474円 17,070円 8,436円 4,758円
70歳 13,752円 8,784円 22,536円 11,406円 6,669円
75歳 18,876円 12,591円 31,467円 15,858円 9,684円


女  性
  介護終身年金
保険
介護一時金
保険
合計保険料 認知症介護
終身年金保険
認知症介護
一時金保険
40歳 5,784円 2,124円 7,908円 4,302円 1,533円
45歳 6,810円 2,604円 9,414円 5,196円 1,893円
50歳 8,250円 3,258円 11,508円 6,414円 2,388円
55歳 10,362円 4,200円 14,562円 8,136円 3,081円
60歳 13,488円 5,586円 19,074円 10,560円 4,077円
65歳 18,426円 7,758円 26,184円 14,142円 5,586円
70歳 24,228円 10,653円 34,881円 18,906円 7,740円
75歳 33,192円 15,381円 48,573円 25,758円 11,121円


※加入にあたっては所定の要件があります。

所定の認知症とは?

認知症高齢者の日常生活自立度判定基準
(平成5年10月26日 厚生省(厚生労働省)老健第135号厚生省老人保健局福祉局長通知)

ランク 判定基準 症状・行動の例
何らかの認知症を有するが、日常生活は家庭内及び社会的にほぼ自立している
  • 日常生活で困ることはほとんどない
日常生活に支障を来す症状・行動や意思疎通の困難さが多少見られても、誰かが注意していれば自立できる
  • たびたび道に迷う
  • 買物、金銭管理などでミスが目立つ

日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さが見られ、介護を必要とする
  • 着替え、食事、排便、排尿が上手にできない
  • 徘徊、失禁、大声、火の不始末

日常生活に支障を来すような症状・行動、意思疎通の困難さが頻繁に見られ、常に介護を必要とする
M 著しい精神症状・周辺症状、重篤な身体疾患が見られ、専門医療を必要とする
  • 妄想、自傷、他害等の精神症状や精神症状に起因する周辺症状が継続する状態

要介護状態(認定の目安)とは?

  • 「介護終身年金保険(返戻金なし型)(2012)」は、公的介護保険制度の要介護1以上に認定されているとき、介護年金をお支払いします。

    ・介護年金は、毎年の要介護度に応じて、要介護5のときは基準介護年金額を、要介護4、3、2、1のときは基準介護年金額にそれぞれ5/6、4/6、3/6、2/6を乗じた金額をお支払いします。

    ・介護年金支払期間中に死亡したときは死亡給付金をお支払いします。

  • 「介護一時金保険(返戻金なし型)(2012)」は、公的介護保険制度の要介護3以上に認定されたとき、介護一時金をお支払いします。
  • 公的介護保険制度の要介護1以上と認定かつ所定の認知症となったとき、「認知症介護終身年金保険(返戻金なし型)」は認知症介護年金を、「認知症介護一時金保険(返戻金なし型)」は認知症介護一時金をお支払いします。
  • 2回目以降の認知症介護年金は、第1回認知症介護年金の支払日の毎年の応当日に第1回認知症介護年金の支払事由に該当しているときにお支払いします。そのため、第1回認知症介護年金の支払事由に該当しなくなった場合、以後の認知症介護年金の支払いを中断します。ただし、第1回認知症介護年金の支払日の毎年の応当日に、再度支払事由に該当したときは、支払いを再開します。
  • 法令改正等による公的介護保険制度等の改正や介護に関する技術または環境の変化が、支払事由または保険料の払込免除事由に影響を及ぼすときは、会社は、主務官庁の認可を得て、将来に向かって支払事由または保険料の払込免除事由を変更することがあります。

※平成28年2月現在の公的介護保険制度、認知症高齢者の日常生活自立度判定基準に基づいて作成しています。


ご契約の際には、『ご契約のしおり−定款・約款』を必ずご覧ください。
また、特に重要な事項については、『重要事項説明書(注意喚起情報)』『お申込内容控』および『ご提案書(契約概要)』もあわせてご確認ください。

さらに 朝日生命では、介護に関する不安やニーズの解決に資する様々なサービスを提供しています。

朝日生命 介護あんしんサポート 詳しくはこちら

(登)朝日A-28-361(28.9.16)

 

資料請求はこちら
資料請求
3ステップ簡単サーチ 10秒であなたにピッタリな保険をご紹介!!

3つの質問にお答えください
あなたにおすすめの保険をご紹介します

お客様の性別・年齢をお選びください

男性
女性
20代
30代
40代
50代以上

お客様の家族構成をお選びください

配偶者なし
配偶者あり
お子様なし
お子様あり

必要な保障をお選びください(複数選択可)

生きるための備え

介護保障
所得保障
医療保障

万一の備え

死亡保障

貯蓄の備え

教育資金・老後資金

決めていない