乳がんの基礎知識

Q&A——教えて!「乳がん」のこと

知ってるつもりの「乳がん」かも知れませんが、意外と知らないことも多いかも・・。
まずは、正しい知識と理解から・・・それが、ピンクリボン運動の入り口です。
(回答の監修はNPO法人J.POSHにお願いしました。)

乳がんって、どんながん?

乳がんは、乳房にある乳腺組織に発生する悪性の腫瘍です。リンパ管や血管から乳房の外まで転移する性質を持つ「浸潤がん」と、そのような性質をほとんど持たずに内部にとどまっている「非浸潤がん」に分けられます。多くの乳がんは浸潤がんで、放置するとがん細胞がリンパや血液を通して肺や骨などの臓器にも転移してしまいます。

乳がんになる女性は多いの?

女性のがん罹患率の傾向

乳がんになる女性は年々増え続けています。現在では女性のがんのトップです。
乳がんの発生は、20歳過ぎから徐々に増えはじめ、30歳代ではさらに増え、40歳代後半から50歳代にピークを迎えます。20歳過ぎれば“乳がん年齢”です。

乳がんにかかりやすい人は?

以下の項目に該当する場合は、乳がんにかかるリスクが少し高くなると言われています。
□月 経・・・ 初潮が早かったり、または閉経が遅かったりした場合
□出 産・・・ 初産が遅かった場合
□授 乳・・・ 授乳の経験がない場合
□体 重・・・ 閉経後に急に肥満になった場合
□その他・・・ 避妊薬ピルや女性ホルモンを常用している場合

乳がん検査はどこで受けられるの?

  • 自治体検診
    各自治体によって対象年齢(多くの場合40歳以上)や検査内容、自己負担額が異なりますが、以下の「個別検査」に比べると安価で受診できます。 
  • 個別検査
     自分で人間ドックや医療機関などの施設を選び検査を受けます。費用は全額自己負担となり、健康保険は適用されません。費用は施設によってまちまちですが、数千円~1万円程度が必要です。

乳がん検査ではどんなことをするの?

  • 視触診
    機械は使用せず、医師が乳房にしこりがないかを診察します。ある程度大きくなったがんしか発見できないため、マンモグラフィー検査や乳房超音波検査を併用することが重要です。 
  • マンモグラフィー検査
    乳房用のレントゲン検査です。乳房全体をプラスチックの板などではさみ、上下左右からレントゲン写真をとります。視触診では発見されない小さなしこりや乳がんに特徴的な微細な石灰化の状態もとらえることができ、この段階で発見できれば、乳がんもごく早期であることがほとんどです。 
  • 乳房超音波(エコー)検査
    超音波で乳房の病変を検査します。痛みなどはなく、受けやすい検査です。小さなしこりも発見できます。乳腺の中のしこりが識別されて写るので乳腺の発達した若い人や妊娠中の人に適した検査です。 

セルフチェックが重要って言われるけど、どんなことをすればいいの?

乳房の異変に気付くためには、日ごろから自分の乳房の状態を把握しておくことが大切です。月に1回、定期的にセルフチェックを行いましょう。生理が終わって約1週間後の乳腺が安定した頃が理想的です。

両手をあげて鏡の前に立ち、ひきつれ、くぼみ、ただれ等気になるところはないかチェック。
  • ステップ1
    両手をあげて鏡の前に立ち、ひきつれ、くぼみ、ただれなど、気になるところはないかをチェックします。 
風呂場でボディシャンプー、ジェルなどをつけて、腋(わき)の下から乳房全体、乳首まで念入りに手の指で10円玉大の「の」字を書くようにしてしこりや硬い部分がないかチェック。
  • ステップ2
    風呂場でボディシャンプーやジェルなどをつけて、わきの下から乳房全体、乳首まで念入りに手の指で10円玉大の「の」の字を書くようにして、しこりや硬い部分がないかをチェックします。 
乳首、乳房をつまんで分泌物が出ないかチェック。
  • ステップ3
    乳首、乳房をつまんで分泌物が出ないかをチェックします。 
仰向けに寝て手順2と同じようにしこりや硬い部分がないかチェック。
  • ステップ4
    仰向けに寝て、ステップ2と同じようにしこりや硬い部分がないかをチェックします。 

乳房で気になることがあったら、どこに行けばいいの?

乳房にしこりやくぼみ、ただれなど、気になることがあったら、すぐに乳腺外科、乳腺科、外科の乳腺外来等と標榜されている乳腺専門の医師のもとできちんと検査を受けて、診断してもらうことが大切です。診断や治療の専門は「婦人科」ではありませんので、注意が必要です。