健康増進に関する取組み

朝日生命では、「従業員の健康増進」を経営課題の1つとして位置づけ、以下の「健康増進等に関する取組方針」を策定するとともに、健康増進に関する対策が適切かつ効率的に図れるよう社内にPDCAサイクルを構築しています。

【健康増進等に関する取組方針】
朝日生命は、生命保険事業を行う企業として、お客さまの健康・医療に貢献するとともに、従業員自身の健康増進を重視し、朝日生命と朝日生命健康保険組合が一体となって、「健康管理」「メンタルヘルス」「過重労働防止対策」に取り組みます。

従業員の「健康増進に関する取組み」は、「女性の活躍推進への取組み」「ワーク・ライフ・バランスの推進」の一環でもありますが、当社がCSR活動を果たしていくための重要なベースであると考えており、以下の取組みを行っています。

(1)公益財団法人 朝日生命成人病研究所との連携

公益財団法人としての朝日生命成人病研究所の活動をサポートするだけでなく、当研究所との永年の関係を活かし、附属医院の医師・栄養士による社内セミナー等を通じて、従業員の健康知識の向上、健康意識の醸成を図っています。

(2)ピンクリボン運動を通じた自己啓発

当社は、NPO法人「J.POSH」のオフィシャルサポーターとして、乳がんの早期発見・早期治療のため、自己検診の勧めや検査の受診の啓発を行うなどのピンクリボン運動を推進しています。
同運動を通じた啓発活動に加え、従業員の中から「ピンクリボンサポーター」を任命することにより、従業員への一層の浸透を図っています。

(3)二次健診の推進

「体の健康増進に関する取組み」のベースとして、全従業員の定期健康診断の受診を徹底するとともに、有所見者(特に、精密検査・治療が必要と判断される者)に対する「二次健診」を推進しています。

(4)メンタルヘルス対策

「心の健康増進に関する取組み」のベースとして、ラインケア(管理監督者によるケア)を推進しています。具体的には、ライン職向け研修の開催、社内e-ラーニング等によるメンタルヘルス教育、ならびにメンタルヘルス・マネジメント検定試験の受験を推進することにより、メンタルヘルス基礎知識の習得を図る取組みを行っています。