「ピンクリボン運動」の推進

当社では、平成21年度より「日本から乳がんで悲しむ人をなくしたい」という認定NPO法人「J.POSH」の活動に賛同し、J.POSHのオフィシャルサポーターとして、ピンクリボン運動を推進しています。これまで、乳がんの基礎知識や検査・セルフチェックの重要性を訴えるチラシや発行物の提供、乳がんの早期発見の啓発を目的としたセミナーの開催や、本社ショーウィンドウにおける乳がん検査受診啓発のための電飾看板の設置などの取組みを実施しています。また、ピンクリボン運動を広くご理解いただくため、本社および全国各地の支社において啓発ポスターの掲示ならびに街頭において、乳がんについての啓発チラシを多くの方々に配布しました。今後ともこれらの取組みをさらに積極的に展開し、ピンクリボン運動の輪を広げていきたいと考えています。

「ピンクリボン運動」とは

ピンクリボン運動とは、乳がんの撲滅、早期検査を啓発・推進するために行われる世界規模のキャンペーンです。1980年代にアメリカで始まり、日本では2000年に入ってから一般的に認知されるようになりました。

乳がんに関する知識やマンモグラフィー検査機器が整備されている医療機関・病院の情報は、認定NPO法人J.POSHのホームページで詳しく紹介されています。

J.POSHのホームページは、右のリンク先からご覧になれます。 朝日生命は日本乳がんピンクリボン運動を応援しています。

「ジャパン・マンモグラフィー・サンデー」(J.M.Sプログラム)は子育て・介護・仕事などで忙しく、平日に病院に行けない女性の皆様が、休日の日曜日に「乳がん検査」を受けられるよう、全国の医療機関と認定NPO法人J.POSHが協力して毎年10月の第3日曜日にマンモグラフィー検査を受診できる環境づくりへの取組みです。

10月の第3日曜日に乳がん検査を受けられる全国医療施設の一覧等は
右のリンク先からご覧になれます。
J.M.S(ジャパン・マンモグラフィーサンデー) 10月第3日曜日はマンモグラフィー検査が受けられる日曜日