健康・医療

当社は、1960年5月、創業70周年記念事業の一環として、社会福祉に貢献することを目的に、朝日生命成人病研究所を設立しました。
設立以来、当研究所は、生活習慣病の専門医療機関として常に高い医療レベルを目指すことで、全国各地からの患者の皆様にご利用いただいています。

公益財団法人朝日生命成人病研究所の活動

公益財団法人朝日生命成人病研究所は、研究室や実験室などの研究施設と外来・入院診療施設(病床数11床)を備えており、生活習慣病に関する基礎的研究および診療を通しての臨床的研究の成果は、学会でも高く評価されています。 また、糖尿病の成因や治療法、合併症の抑制などの研究とともに、生活習慣病に関わる専門医と看護師、栄養士、薬剤師、検査技師がチームとなって、高水準の診療を提供し、患者が主体的に生活習慣病の改善に取り組める方式を取り入れた診療によって、糖尿病の克服を目指しています。
2017年度の主な研究業績は、原著論文36編、論説11編、国内および海外における学会発表53編です。 附属医院の診療活動は、糖尿病代謝科、循環器科、消化器科等の外来診療が延べ58,960人、延べ入院診療日数2,593日でした。また、同医院では健康増進活動にも力を入れており、当社と共同で、生活習慣病に関する情報提供や生活習慣病予防のためのセミナーの開催など、健康分野に対する取組みを積極的に展開しています。

公益財団法人朝日生命成人病研究所

朝日生命成人病研究所附属医院の診療実績など詳細情報については、以下のリンク先へ

朝日生命成人病研究所 付属病院