第56回定時総代会議事録

朝日生命保険相互会社
平成15年7月2日(水曜日)午前10時30分から、東京都新宿区西新宿一丁目7番3号朝日生命保険相互会社本社5階大会議室において、第56回定時総代会を開催した。

総代数   130名
出席総代数   129名
 内委任状数   16通


会議の目的たる事項

報告事項 平成14年度事業報告書、貸借対照表および損益計算書の内容報告の件

決議事項

  第1号議案     平成14年度剰余金処分案承認の件
  第2号議案   定款中一部変更の件
  第3号議案   審議委員14名選任の件
  第4号議案   取締役11名選任の件
  第5号議案   監査役2名選任の件


定刻に社長 藤田讓は議長席につき、出席総代数を報告して、本日の定時総代会は適法に成立した旨を述べて、開会を宣した。

議 長(藤 田   讓)    平成14年度事業報告書、貸借対照表および損益計算書のそれぞれの内容について報告した。また、「朝日生命プロジェクトRの進捗状況」および「サクセスA」について概要を説明した。
ついで、議長は、監査役に監査役会の監査報告を求めた。
監査役(吉 村 康 夫)   平成14年度の監査の方法の概要および結果については、監査役会の監査報告書謄本のとおりであり、特に指摘すべき事項はないことを報告した。
また、本総代会に提出された議案および書類について、いずれも法令、定款に適合しており、特に指摘すべき事項はないことを報告した。
総代から予め書面によって寄せられた以下の質問に対して、議長または議長が指名した役員(執行役員を含む)が回答した。
     

議 長(藤 田   讓)   報告事項について質問を求めた。
議場から以下の質問があり、議長または議長が指名した役員(執行役員を含む)が回答した。
     

議 長(藤 田   讓)    つぎに決議事項の審議に入る旨を述べた。
議 長(藤 田   讓)    第1号議案の平成14年度剰余金処分案について、議案書にもとづいて説明した。
議 長(藤 田   讓)    第1号議案について質問および意見を求めたが、議場からの質問および意見がなく、第1号議案の承認を求めた。
(全員賛成)
議 長(藤 田   讓)    第1号議案は満場一致をもって別添議案書の原案どおり承認可決されたと述べた。
議 長(藤 田   讓)    第2号議案について議案書にもとづいて説明し、質問および意見を求めたが、議場からの質問および意見がなく、その賛否を諮った。
(全員賛成)
議 長(藤 田   讓)    第2号議案は満場一致をもって別添議案書の原案どおり承認可決されたと述べた。
議 長(藤 田   讓)    第3号議案について、議案書にもとづいて原案の審議委員候補者14名につき説明し、質問および意見を求めたが議場からの質問および意見がなく、本議案についてその賛否を諮った。
(全員賛成)
議 長(藤 田   讓)    第3号議案は、満場一致をもって別添議案書の原案どおり承認可決され、審議委員に、大西麻子、井上義郎、上野 善、黒田昌裕、清水重夫、杉田忠靖、春田 博、増田祐孝、宮崎徹夫、吉野哲夫、沢 邦彦、高橋 幹、山家悠紀夫、永島一雄の14氏が選任されたと述べた。
議 長(藤 田   讓)    第4号議案について、取締役11名全員は、本総代会終結の時をもって任期が満了となるので、本総代会において取締役11名の選任を受けたい旨および議案書記載の候補者のうち濱中昭一郎、杉田力之、佐藤欣子の各氏は社外取締役の候補者である旨を説明し、質問および意見を求めたが議場からの質問および意見がなく、本議案についてその賛否を諮った。
(全員賛成)
議 長(藤 田   讓)    第4号議案は満場一致をもって別添議案書の原案どおり承認可決され、取締役として、総代 濱中昭一郎、同杉田力之の両氏を含め、藤田 讓、山田外茂雄、穴井二三徳、土岐眞一、佐藤欣子、浅葉 稔、仁科廣幹、三枝 稔、田中恒雄の11氏が選任されたと述べた。なお、選任された11氏は、いずれもその就任を承諾した。
議 長(藤 田   讓)    第5号議案について、監査役 室伏 稔、中井明孝の両氏は、本総代会終結の時をもって任期満了となるので、本総代会において監査役2名の選任を受けたい旨、および本議案の提出には監査役会の同意を得ている旨を説明し、質問および意見を求めたが議場からの質問および意見がなく、本議案についてその賛否を諮った。
(全員賛成)
議 長(藤 田   讓)    第5号議案は満場一致をもって別添議案書の原案どおり承認可決され、監査役として、室伏 稔氏、および総代 古河潤之助氏が選任されたと述べた。
なお、選任された両氏はいずれもその就任を承諾した。
議 長(藤 田   讓)    これをもって本日の第56回定時総代会のすべての審議を終了した旨を述べ、午後0時26分閉会を宣した。

以上、本定時総代会の議事の経過要領ならびにその結果を明確にするため、本議事録を作成し、議長ならびに出席取締役は下記に記名捺印する。