保険金・給付金と税務

保険金、年金、給付金等にかかる税金は保険契約者、被保険者、受取人の関係によって異なります。

1.死亡保険金をお受取りの場合

(1)死亡保険金の課税の取扱いについて

契約例
保険契約者 被保険者 受取人
保険契約者と被保険者が同一の場合 相続税
受取人が保険契約者自身の場合 所得税(一時所得)
住民税
保険契約者、被保険者、受取人がそれぞれ異なる場合 贈与税

(2)相続税に関する死亡保険金の非課税扱いについて

保険契約者と被保険者が同一人で受取人が相続人の場合には、死亡保険金(ご契約が2件以上のときには合計します。)に対して相続税法上一定範囲で非課税扱いを受けることができます。

2.死亡年金をお受取りの場合

契約例 対象となる税の種類
保険
契約者
被保険者 年金
受取人
年金受給権取得時 年金受取時
保険契約者が年金受取人の場合 - 所得税・住民税
(雑所得)
保険契約者と被保険者が同一の場合で
年金受取人が相続人の場合
相続税
〔年金の評価額に対して課税〕
所得税・住民税
(雑所得)
保険契約者以外の者が年金受取人の場合 贈与税
〔年金の評価額に対して課税〕
所得税・住民税
(雑所得)
*年金の評価額は、税法上の評価方法により算定されます。

3.保険金、年金、給付金等の非課税扱いについて

受取人が主契約の被保険者、その配偶者もしくはその直系血族、または生計を同一にするその他の親族に該当する場合、次の保険金等は全額非課税となります。

  • 高度障害保険金
  • 特定生活障害年金
  • 介護見舞金
  • 特定状態給付金
  • 入院給付金
  • 手術サポート給付金
  • 女性入院給付金
  • 女性特定手術給付金
  • がん退院給付金
  • がん女性特定手術給付金
  • がん退院後ケア給付金

  • 高度障害年金
  • 介護年金
  • 生活習慣病入院給付金
  • リビング・ニーズ特約の特約保険金
  • 入院初期重点給付金
  • 特定検査給付金
  • 形成治療給付金
  • 特定損傷給付金
  • がん入院給付金
  • がん診断給付金
  • がん特定手術給付金

  • 高度障害による災害保険金
  • 介護保険金
  • 7大疾病給付金
  • 障害給付金
  • 手術給付金
  • 通院給付金
  • 全身麻酔加算給付金
  • 入院準備費用給付金
  • 成人病高度障害保険金
  • がん手術給付金


税務の詳細につきましては、最寄りの税務署にご確認ください。