ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

対談2

田中:情報システム企画部 営業情報設計室長
佐田:情報システム企画部 副長

現在の仕事内容を教えてください

佐田:情報システム企画部 営業情報設計室は、主に営業用携帯端末「ハンディアイ」のシステムの企画・立案業務を行っています。その中でも私は「ACTION」という当社の統合型お客様情報システム全般を担当しており、営業現場や本社の関係部署と密接な関係を持ちながら、現場の営業活動をよりよくサポートできるシステム構築に向け、日々奮闘しています。

仕事の面白さややりがいを教えてください

佐田:自分が考案したものが形となり、全国の支社・営業所で使われることですね。私は現在の部署に配属されるまで、全くシステムの知識がなかったので最初はとても大変でしたが、会社の営業活動に欠かせないツールを作り上げることには、大きなやりがいを感じています。

田中:当社の営業の中核である営業職員が、もっともよく使うツールがハンディアイ。今の時代、携帯用端末はお客様対応面でも、自身の活動管理面でも欠かせないからね。そのハンディアイのシステムに関わるということは、会社にとって重要な役割を担っているということだね。
 同時に、営業情報設計室は、本社内の様々な情報が集まりやすい組織と言っていいと思う。営業活動については、本社のどの組織もハンディアイを介して仕事を進めるからね。制度や商品、営業方針にいたるまで、様々な情報が集まり、それをシステム化していく。確かに大変だが、会社が進もうとしている方向を早く、広く理解できることは魅力的だね。

仕事で苦労を感じるのはどんなときですか

佐田:システムの構築は、当然ですが一人でできるものではありません。多くの関係部署と何度も意見を交換してつくりあげていきます。私は現在の部署の前は、支社で営業スタッフとして働いていました。当時は営業職員指導を任されていたこともあり、多くのことを一人で判断していました。現在の部署に着任当初も、何でもとにかく一人でやりあげようとしていたように思います。

田中:それは、「自分が任されているから」という佐田君の責任感の強さの表れだったんだと思う。ただ、営業職員を1対1で指導するのと、システムを構築するのでは仕事のアプローチも変わってくる。信念は大切だが、会社全体に関わるシステムでは、多くの人の意見を聞き、バランスをとることがとても重要だね。先にも言ったとおり、佐田君は着任当初は、先輩からよく「もっと何でも言ってこい」と言われていたね。

佐田:はい。息詰まっても抱え込んでしまっていました。でも、先輩にはお見通しだったようで、しんどいと思っている時に、何度もアドバイスをいただきました。

田中:システム構築ではチームプレーがとても重要。確かに当社では、仕事の役割分担を明確にしているし、若手にも責任のある仕事を担ってもらっている。しかし、だからといって気負う必要はない。お客様から直接感謝のお言葉をいただくことはないけれど、チームとしてものをつくりあげ、世に出すことに、達成感ややりがいを感じてもらいたいね。

朝日生命はどんな会社?

佐田:よく注意されます。「もっとこうした方がいいんじゃないか」って。実は採用面接でも面接官の方から言われました。

田中:当社はお客様に対しても、従業員に対しても、真面目な会社だというイメージがあるね。佐田君に注意ばかりしているのも、佐田君の成長を想ってのことだろう。

佐田:はい。怒られている、というよりは、出来ることを増やしていくためのヒント、というイメージです。皆さんの期待に応えられるよう、もっと自分自身の幅を拡げていき、お客様視点でより見やすい、営業職員視点でより使いやすいハンディアイを開発していきたいです。

田中:会社にいれば成長する機会はいくらでもある。当社には若者が挑戦しやすい環境があるからね。努力を怠らず、柔軟な発想で新しいものにチャレンジしていってもらいたいね。私の想像の及ばないようなハンディアイを、佐田君がつくりあげてくれることを期待しているよ。

佐田:就職活動は、多くの新たな出会いがある貴重な機会です。気持ちが切れそうになるときもあるかもしれませんが、物事は何事も楽しく、が一番です。全てがチャンスだと思って、最後まで頑張ってください。そこで得られた人間関係や知識、何より「最後まで頑張った自分自身」は、社会人になってからもきっと役立つことと思います。

田中:朝日生命は、いい意味でフラットな会社だと思います。セクショナリズムよりも全体の利益を考えるリーダーが多く、組織間の関係が良い。当社には、チャレンジ意欲がある人にきてもらいたいと思っています。受身一辺倒にならず、任された仕事に責任を持ち、新たな可能性をさぐる努力を怠らない。今は、明るくても暗くても、社交的でもインドア派でも構いません。上司部下とういう関係でも、お互いに刺激し合える。そんな皆さんとの出会いを楽しみにしています。

会社説明会

PAGE TOP

ここからサイトの主なメニューです