選べる・変えられる やさしさプラス
やさしさプラスは、保障をプラスしたり変えたりすることで、お客様のニーズに一生涯お応えできる保険です。
  • 特長
  • ユニット一覧
  • マイメディーナ
  • 保障見直し制度
  • おすすめプラン
  • 必ずお読みください

マイメディーナ 女性手術重点保障特約(返戻金なし型) 女性特有の手術で最高30 万円。 女性専用のあんしんの保障です。

マイメディーナの3つのポイント

※マイメディーナとは、乳房や子宮などの女性特定部位に対する手術を受けた場合に給付金をお支払いする「女性手術重点保障特約」の愛称です。

point 1 女性特有の手術を重点的に保障します 「女性手術重点保障特約」は乳房や子宮などの女性特定部位に対する手術を重点的に保障する特約です。 女性特定部位とは「乳房・子宮・卵巣・卵管・甲状腺・上皮小体(副甲状腺)」で、女性特有の病気を幅広く保障します。 
point 2 一律の給付金額で最高30万円まで保障します 良性腫瘍による子宮などの一部摘出術でも給付金額は同じです。手術の内容に関わらず給付金額は一律で、最高30万円のまとまった給付金額をお受け取りいただけます。給付金は、手術あとや再発リスクなどの、手術で低下したQOL(生活の質)を向上させるための費用に活用していただくこともできます。
point 3 女性にうれしい お祝金タイプもあります 5年間に女性手術給付金の支払いがなかったときは、女性応援給付金をお支払いします。※Ⅱ型を選択した場合

こんなときにお支払いします(公的医療保険対象となる手術の場合)

子宮筋腫で子宮の一部(または全部)摘出術を受けたとき

子宮筋腫は、成人女性の『4人に1人』が持っているともいわれています。
※JECIE「子宮内膜症情報ステーション」より

子宮内膜症で病巣を取り除く手術を受けたとき

子宮内膜症は月経がある女性の約10% に見られ、患者数は260 万人以上ともいわれています。
※JECIE「子宮内膜症情報ステーション」より

乳がんで乳房切除術を受け、乳房再建術および乳頭再建術を受けたとき

乳房再建術は、乳がんの手術で失った乳房を再び作り直すための手術です。
乳房再建術では乳房のふくらみを再建するだけなので、乳頭・乳輪再建術を希望する場合は、乳房の再建からおよそ半年から1年後、再建した乳房の形が安定した頃に行います。

QOL とは、「人生の質」「生活の質」を指し、いかに人間らしく、満足して生活を送ることができるかの評価として用いられ、医療の現場で使われることが多い概念です。女性特定部位に対する手術は、女性のQOLを著しく低下させるものです。
例えば、子宮筋腫で子宮の一部摘出術(開腹手術)を受けた場合に支払われる女性手術給付金を、手術あとを目立たなくするためのレーザー治療の費用に活用したり、子宮内膜症の手術を受けた場合に支払われる女性手術給付金を、子宮内膜症の再発防止薬の費用に活用していただくことができます。

現実 女性特有の病気は年々増え続けています。
 
 
さらに年齢別で見てみると…
 

つまり 女性特有の病気による手術にもしっかり備えられる女性専用の医療保障が必要とされています。

(登)朝日A-28-366(28.9.27)

資料請求はこちら
資料請求
3ステップ簡単サーチ 10秒であなたにピッタリな保険をご紹介!!

3つの質問にお答えください
あなたにおすすめの保険をご紹介します

お客様の性別・年齢をお選びください

男性
女性
20代
30代
40代
50代以上

お客様の家族構成をお選びください

配偶者なし
配偶者あり
お子様なし
お子様あり

必要な保障をお選びください(複数選択可)

生きるための備え

介護保障
所得保障
医療保障

万一の備え

死亡保障

貯蓄の備え

教育資金・老後資金

決めていない