まごころ、ずっと、未来へ。朝日生命は、おかげさまで創業130周年を迎えます。

ごあいさつ

朝日生命は、明治21年に帝国生命という社名で創業しました。日本の近代的生命保険会社で2番目に長い歴史をもち、平成30年3月に創業130周年を迎えます。

この歳月を皆さまと共に歩ませていただいたことに、深く感謝いたします。

私たちが目指しているのは、お客さま一人ひとりに信頼され、選ばれ続ける会社です。
そのために私たちは、心からご満足いただけるよう、お客さまの視点・立場に立って考え、行動することに取り組んでまいりました。

私たちはこれからも、お客さまと誠実に向き合い、お客さまの声に真摯に耳を傾け、経営理念の「まごころの奉仕」を胸に、多様化するライフステージやニーズにお応えする商品、サービスの提供を目指して、たゆまぬ努力を続けてまいります。

朝日生命 130年のあゆみ

 
明治

21年
帝国生命保険会社として創業



昭和

22年
朝日生命保険相互会社を創立

昭和

23年
業界に先駆けて団体月払保険の取り扱いを開始
昭和

35年
朝日生命成人病研究所を設立
昭和

49年
朝日生命体操クラブを創設
昭和

63年
創業100周年

日本橋檜物町の本社社屋(明治21~35年)
朝日生命創立当時の街頭広告
朝日生命体操クラブ


平成

22年
「保険王プラス」を発売
平成

25年

「あんしん介護」が生命保険商品として初*のグッドデザイン賞を受賞

*生命保険商品単体での受賞は初。公益財団法人日本デザイン振興会確認による。

平成

27年
法人のお客さま向けに「プライムステージ」を発売
平成

28年

「あんしん介護 認知症保険」を発売

女性のための保険「やさしさプラス」を発売

平成

30年
創業130周年